小金井市軟式野球連盟トピックス 

2020年6月9日更新





 本年度は「2020 小金井大会」として開幕します 

新型コロナウィルスの影響で、春季、夏季大会に続き
市民大会も中止要請が小金井市体育協会からありました。
よって本年度の本連盟主催大会として7月5日(日)から
「2020 小金井軟式野球大会」を、中止となった春季大会
の組合せをスライドして実施したいと考えます。
加盟チームの皆様のご理解、ご協力、をお願い致します。
7月5日(日)は上水公園での8試合で開幕しますが、
今後の日程については会場の確認が取れ次第、追記して
いきます

         2020年6月6日 小金井市軟式野球連盟





 五・六月中活動中止のお知らせ 

小金井市体育協会から6月中活動自粛の要請を勘案し
小金井市軟式野球大会の開催を6月までは中止とします。
日程変更は後日HPでご案内しますのでご理解、ご協力、
をお願い致します。
               小金井市軟式野球連盟
               2020年5月2日 岩月





 四月中活動中止のお知らせ 

小金井市体育協会から4月中活動自粛の要請を勘案し
小金井市軟式野球大会の開催を4月中は中止とし
5月からの開催とします。
日程変更は後日HPでご案内しますのでご理解、ご協力、
をお願い致します。
               2020年3月29日 岩月





 2019年夏季大会、第1部はスーパーフィーバーズが優勝
 第2部はタイローズが優勝


 2019年度夏季軟式野球大会第1部決勝戦は、9月8日(日)に小金井公園野球場の第一試合、春季大会と同じ対戦、銀杏リーグ一位のスーパーフィーバーズと桜リーグ一位のミドリファルコンズとで行われ、4対0でスーパーフィーバーズが勝利し優勝しました。
 そして最高殊勲選手賞にはスーパーフィーバーズの宮川有生選手が、また敢闘賞にはミドリファルコンズの佐藤浩介選手が選ばれ表彰されました。
 続いて行われた第二試合の第2部決勝戦は、トーナメントを勝ち上がったボルティーズとタイローズとで行われ、7対5でタイローズが優勝しました。
 そして最高殊勲選手選手賞にはタイローズの鎌田海人選手が、また敢闘賞にはボルティーズの中西司選手が選ばれ表彰されました。


夏季軟式野球大会第1部決勝戦
スーパーフィーバーズ |0300100|4
 ミドリファルコンズ |0000000|0





第1部で優勝したスーパーフィーバーズの選手



第1部で準優勝したミドリファルコンズの選手


夏季軟式野球大会第1部決勝戦
 タイローズ |10105  |7
ボルティーズ |31010  |5





第2部で優勝したタイローズの選手



第2部で準優勝したボルティーズの選手





 2019年春季大会第2部はKYCが優勝


 2019年度春季軟式野球大会第2部決勝戦は、8月4日(日)に上水公園市営グランドにおいてKYCと小金井レッドソックスとで行われ、15対5でKYCが勝利し優勝しました。
 この大会の最高殊勲選手賞はKYCの茂呂岳治選手が、また敢闘賞は小金井レッドソックスの工藤健太郎選手が受賞ました。


       KYC |1302    |15
小金井レッドソックス |302    |5





第2部で優勝したKYCの選手



第2部で準優勝した小金井レッドソックスの選手





 2019年春季大会第1部はスーパーフィーバーズが優勝


 2019年度春季軟式野球大会第1部決勝戦は、4月28日(日)に上水公園公園市営グランドにおいて銀杏リーグ一位のミドリファルコンズと桜リーグ一位のスーパーフィーバーズとで行われ、3対5でスーパーフィーバーズが勝利し優勝しました。
 この大会の最優秀選手賞にはスーパーフィーバーズの永田竜大選手が、また優秀選手賞にはミドリファルコンズの工藤佳永選手が選ばれました。


 ミドリファルコンズ |0000030|3
スーパーフィーバーズ |120020x|5





第1部で優勝したスーパーフィーバーズの選手



第1部で準優勝したミドリファルコンズの選手





 創立70周年記念式典と祝賀会を開催 


 2月23日に小金井市軟式野球連盟の創立70周年記念式典と祝賀会がパレスホテル立川において開催されました。
 ご来賓の東京都軟式野球連盟の梅田会長、小金井市の西岡市長をはじめ百余名のご参加を得て、記念式典では特別功労賞の清水健様、大内文雄様と、功労賞の7名の方々が表彰されました。
 祝賀会では連盟所属チームや少年軟式野球など関係者の相互の親交を深めていました。